すっぴん工事進行状況 床下地

配管は、ヘッダー方式を採用してます

DSCN0197

分岐工法に比べて接合部が集中している為、漏水しにくい

又、メンテナンスがしやすいく圧力変化も少ない

DSCN0201

 

床下にもスタイロフォームを敷き詰めます

カテゴリー: すっぴん 工事の流れ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。